Dmi

2018年6月

Dmi 最新情報(6月15日更新)

 改正食品衛生法が、7日の衆議院本会議で可決され、成立しました。食中毒や食品への異物の混入を防ぐため、食品を取り扱う事業者に「HACCP」による衛生管理の実施が求められます。メーカーや飲食店などに対し、加工や調理の記録を残すほか、特にリスクが生じるおそれのある工程では衛生管理の手順を設けることを義務づけています。一般的衛生管理による管理対応が可能な業種は、簡易的な「基準B」を導入します。簡易的な基準Bといっても、事業者にとってはかなりの負担を強いることになりかねないです。「食品等事業者は取り扱う食品の特性等に応じた計画を作成し、管理を行う」こととし、食品等事業者団体が作成した手引書を参考にすることになっています。中小企業いじめとなる法律改正の可能性があるのに、何が義務でいつまでに実施するのか、誰が認証するのか等、国会では具体的な議論がほとんどされていません。保健所が調査に来た時に記録がなければ実施したとは認められず、食品衛生法違反に問われることになります。しかも、導入しなければならない期限は、2020年の東京オリンピックまでになる可能性があります。まずは、「自主点検表」を法的に決められていることや大きな事故につながる可能性のあることを中心に作成し、実行しましょう。

Dmi

pdfダウンロードはこちらから

今月のDmiコンテンツは
ダウンロードができます。

PDFの一括ダウンロードはこちら

バックナンバー一覧はこちら

今月のまとめコンテンツ

Dmi記事

<「HACCP」制度導入前の留意点③>

HACCP制度がポイントの改正食品衛生法が6月7日衆議院本会議で可決、成立しました。
次に述べた4つのポイントと法律による義務づけや事故につながる恐れのある項目は必須です。
ポイント1…冷蔵庫・冷凍庫、販売ケースの温度管理
ポイント3…包装の破損による異物混入、ラベル表示確認
「HACCP」は衛生管理ですが、火気を取り扱う惣菜では、「安全管理」を加えて記録表を作ります。
1年に1回「店舗クリニック」を実施し、鮮度、おいしさ、価格、接客、清潔な売場・厨房の管理を、店長含めた全員で確認し、改善につなげます。 (営業政策推進状況、安全管理、本部への意見も実施)

pdfダウンロードはこちらから

より詳細な情報はPDFにて
ダウンロードができます。

ダウンロードはこちら

Dmi記事

<「エキナカ」商業施設の先駆け>

「エキュート大宮」第2弾

出張や旅行時など、駅の外まで行かずにテイクアウトとイートイン併設でどちらでも出来立てが選べる便利店。
また、小腹が空いたときのメニューとして、専門店がコンビニとは差別化した軽食を提供しているなど、エキナカとしての便利さや魅力が感じられます。
今回は、女性にも人気のタイ料理や手軽な中華料理のチャーハン専門店と和惣菜店や有名すき焼店のひと味違う「おにぎり」を調査しました。

pdfダウンロードはこちらから

より詳細な情報はPDFにて
ダウンロードができます。

ダウンロードはこちら

Dmi記事

<商品開発の方向性…海鮮丼>

百貨店内の寿司店や催事で人気の「海鮮丼」。最近は、スーパーでもランチ需要として、定着しています。
かつてはご馳走という感覚もあり、百貨店の寿司店や催事では1500円~2000円と、豪華で高単価な商品が人気でした。
握り寿司10カンを1パック作るよりも、生産性が高いです。「カニ」「ウニ」「イクラ」がメインで、1,000円~1,200円の価格ならば、週末夕方のタイムMDやイベント・モチベーション時には、売上と利益両面で期待できる商品です。

pdfダウンロードはこちらから

より詳細な情報はPDFにて
ダウンロードができます。

ダウンロードはこちら

Dmi記事

<家計消費支出・小売業界>

34月の消費支出は29万4,439円、実質前年比▲1.3%で、3ヵ月連続マイナスでした。入学祝いや就職祝いなど「贈与金」が長期的減少傾向による交際費や、気温が高く、電気代など光熱費のマイナスが響きました。総務省は、消費動向の基調判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」から「弱さがみられる」に下方修正しました。
惣菜は継続好調で、花見需要の前倒しで弁当、寿司は影響を受けましたが、おにぎり、調理パンは好調でした。サラダも気温上昇や健康志向から好調、6ヵ月連続で2ケタの伸びを示しています。

pdfダウンロードはこちらから

より詳細な情報はPDFにて
ダウンロードができます。

ダウンロードはこちら

ダウンロードをご利用のお客様は以下ご注意ください。

<免責について>
細心の注意を払ってウェブサイトに情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
当情報を使用して起こる損害、損失については当社では一切の責任を負うものではありません。
<著作権>
当社ウェブサイトに掲載されている文章、イラスト、ロゴ、写真、その他のすべての情報は、当社または第三者が著作権を有しております。
無断での転載や再利用は禁止させていただきます。

「Dmi」がより皆さまのお役に立てるよう、お気軽にご意見、ご感想をお聞かせください。

<運営会社>
株式会社デリシステム・プランニング    TEL:03-5688-7030
お問い合せフォームをご利用のお客様はこちら