週間品質管理情報(違反食品や自主回収、異物混入、食中毒情報)

今週の品質管理情報(1月30日)

今週の注意事項・・25日和歌山県御坊市立給食センタ-の給食で719人の大規模なノロウイルスによる食中毒が発生しました。市教育委員会は、30日まで休園・休校し、教室の消毒徹底を図っています。 (2017年1月30日)

 

御坊市立の4幼稚園と11小中学校の教職員を含む計2267人のうち、714人が嘔吐や下痢などの症状を訴えました。市教委はノロウイルスによる集団食中毒として、子供たちの状況に注意を払うとともに30日まで休園・休校の措置を続け、その間、教室などの消毒を徹底するよう指示しました。おかずは加熱調理後、各メニューの中心部分の温度が85℃以上になっているのを確認した上で配送。ご飯は市内の2業者に調理を委託し、牛乳は同市と近隣の町で同じ業者が扱っているそうで、2次汚染も含めて、まず、調理従事者、職員、納品業者、家族に正しい手洗いを指導することが大切です。原因究明が急がれます。

 

◆和歌山県御坊市立給食センターの給食で児童ら719人がノロウイルスによる集団食中毒 (2017年1月30日)

発生日 : 1月25日(水)
発生場所・症状 : 子供たちや教職員ら計719人が下痢や嘔吐、発熱などの症状
原因物質 : 15人からノロウイルスを検出
原因食品 : 25日に調理した給食(塩ちゃんこ、磯あえ、ご飯、牛乳)
処分 : 14日間の営業停止
予防・対策 : 調理従事者の健康管理、手や調理器具の洗浄・殺菌と十分な加熱調理

 

◆北海道厚沢部町の「あすなろパン」製造のパンで58人がノロウイルスによる食中毒 (2017年1月30日)

発生日 : 1月23日(月)
発生場所・症状 : パンを食べた計58人が下痢などの症状
原因物質 : 従業員2人を含むの計10人からノロウイルスを検出
原因食品 : あすなろパン製造のパン
処分 : 5日間の営業停止
予防・対策 : 調理従事者の健康管理、手や調理器具の洗浄・殺菌と十分な加熱調理

 

◆長崎県長崎外国語大の学生寮「アンペロス寮」の食事で23人がノロウイルスによる食中毒 (2017年1月30日)

発生日 : 1月20日(金)~22日(日)
発生場所・症状 : 学生や寮母23人が下痢や嘔吐などの症状
原因物質 : 16人からノロウイルスを検出
原因食品 : 食堂で提供したステーキやハンバーグ
処分 : 2日間の営業停止
予防・対策 : 十分な加熱調理、手や調理器具の洗浄・殺菌

 

◆山口県宇部市の飲食店「明徳」の食事で38人がノロウイルスによる食中毒 (2017年1月30日)

発生日 : 1月20日(金)
発生場所・症状 : 38人が下痢や腹痛など症状
原因物質 : 7人からノロウイルスを検出
原因食品 : 同店の刺し身や天ぷら、にぎりずしなどの食事
処分 : 4日間の営業停止
予防・対策 : 十分な加熱調理、手や調理器具の洗浄・殺菌

 

◆広島県佐伯区多目的施設「YMCAコンフォレスト湯来」の食事で8人がノロウイルスによる食中毒 (2017年1月30日)

発生日 : 1月22日(日)
発生場所・症状 : 食事した16人が下痢や嘔吐などの症状
原因物質 : 6人からノロウイルスを検出
原因食品 : 22日昼食の刺し身や和牛などのコース料理
処分 : 営業禁止
予防・対策 : 調理従事者の健康管理、十分な加熱調理と手や調理器具の洗浄・殺菌

 

◆静岡県静岡市市の障害者救護施設「葵寮」の食事で40人がノロウイルスによる食中毒 (2017年1月30日)

発生日 : 1月19日(木)
発生場所・症状 : 男女40人が下痢や嘔吐などの症状
原因物質 : 8人からノロウイルスを検出
原因食品 : 筑前煮や八宝菜など
処分 : 2日間の営業停止
予防・対策 : 調理従事者の健康管理、十分な加熱調理と手や調理器具の洗浄・殺菌

 

◆福岡県小郡市の葬儀場で飲食した男23人がノロウイルスによる食中毒 (2017年1月30日)

発生日 : 1月17日(火)
発生場所・症状 : 35人のうち23人が嘔吐などの症状
原因物質 : 便からノロウイルスを検出
原因食品 : 太宰府市大佐野の仕出し店「グルメセンター光圓」調理の野菜の煮物など
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 調理従事者の健康管理、十分な加熱調理と手や調理器具の洗浄・殺菌

 

◆長崎県佐世保市の飲食店で「コルバータ」で食事した10人がノロウイルスによる食中毒 (2017年1月30日)

発生日 : 1月15日(日)
発生場所・症状 : 男女10人が嘔吐や下痢などの症状
原因物質 : 患者と従業員の便からノロウイルスを検出
原因食品 : 調理担当者から食材を介して感染
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 調理従事者の健康管理、手や調理器具の洗浄・殺菌

 

◆奈良県葛城市の飲食店「山松」の食事で男女11人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年1月30日)

発生日 : 1月13日(金)
発生場所・症状 : 男女11人が下痢や発熱などの症状
原因物質 : 3人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏の刺し身
処分 : 2日間の営業停止
予防・対策 : 食肉の生食を避け、調理では十分に加熱する。

<違反食品・自主回収、異物混入等>

<食中毒>