週間品質管理情報(違反食品や自主回収、異物混入、食中毒情報)

今週の品質管理情報(10月17日)

先週届け出のあった食中毒の大半がカンピロバクターと毒キノコが原因の食中毒でした。10月はまだ、カンピロバクターによる食中毒は例年多く発生していますので、夏場に多いものだと油断しないようにしましょう。ノロウイルスは、毎年11月から急激に増えてきます。ここ数週間徐々に目立ち始めています。手洗いや健康管理への注意を強化してください。
9月24日から10月6日までに愛知県豊田市内で腸チフス(伝染病と言われた菌も食品を介しての摂取は食中毒として扱われる)の患者が5人確認されました。この内4人が9月1日または2日に市内の同一飲食店(和乃風)を利用していることが判明しました。

 

◆神奈川県秦野市の飲食店「TORI JUN」の料理で5人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 9月23日(金)
発生場所・症状 : 数名が下痢、発熱等の症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 串盛り合わせ、白レバ串、白レバポン酢、とり皮ポン酢、なんこつ唐揚げ等
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 鶏肉などの生食注意、十分な加熱

 

◆北海道札幌市の飲食店「どげんこげん南2条店」で3人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 10月3日(月)
発生場所・症状 : 下痢、腹痛、発熱等の症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 10月1日(土)に提供した食事
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 鶏肉などの生食注意、十分な加熱

 

◆岐阜県岐阜市の居酒屋「ひとと岐阜店」の料理で40人がノロウイルスによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 10月1日(土)~3日(月)
発生場所・症状 : 男女40人が下痢や嘔吐、発熱などの症状
原因物質 : ノロウイルスG1を検出
原因食品 : 刺し身やマリネ、サラダなど
処分 : 再発防止策が講じられるまで営業禁止
予防・対策 : 手洗いの徹底等衛生管理と十分な加熱調理。

 

◆東京都八王子市の飲食店「雪月花」で8人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 9月30日(金)
発生場所・症状 : 八王子市の飲食店「雪月花」
原因物質 : 8人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 当該施設で提供した食事
処分 : 6日間の営業停止
予防・対策 : 鶏肉などの生食注意、十分な加熱

 

◆大阪市内を旅行した愛媛県内の男女15人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 9月17日(土)~19日(月)
発生場所・症状 : 男女15人が下痢や腹痛の症状
原因物質 : 5人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 原因の施設や食品は特定できず
処分 : –
予防・対策 : 鶏肉などの生食注意、十分な加熱

 

◆埼玉県宮代町の飲食店「MINT」の弁当で男女15人がノロウイルスによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 9月28日(水)
発生場所・症状 : 男女15人が下痢や嘔吐の症状
原因物質 : うち5人と調理従事者3人からノロウイルスを検出
原因食品 : サバや卵焼きなどの入った弁当
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 2,手洗いの徹底等衛生管理と十分な加熱調理。

 

◆福島県西会津町のスーパー「かわちや西会津店」の弁当を食べた38人が黄色ブドウ球菌による食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 10月7日(金)
発生場所・症状 : 町内で開かれた地区の運動会で弁当を食べた38人が下痢や嘔吐
原因物質 : 発症者の便から黄色ブドウ球菌を検出
原因食品 : 焼き鮭やコロッケ入りの弁当
処分 : 店を3日間の営業停止
予防・対策 : 必ず衛生手袋を使用、従業員の健康管理と衛生管理を徹底

 

◆兵庫県西宮市の飲食店「鳥伸」食事をした女性6人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 9月30日(金)
発生場所・症状 : 6人が腹痛や下痢などの症状
原因物質 : 4人からカンピロバクター菌を検出
原因食品 : 同店の食事
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 原材料の衛生管理徹底。十分な加熱、生食提供注意。

 

◆岐阜県岐阜市の飲食店「鶏拳」で男女8人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 9月27日(火)
発生場所・症状 : 男女計8人が下痢や発熱などの症状
原因物質 : 3人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏刺し等
処分 : 当面の間営業禁止
予防・対策 : 原材料の衛生管理徹底。生食提供注意。

 

◆奈良県橿原市の飲食店「六角鶏」で食事をした女性5人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 10月5日(水)
発生場所・症状 : 5人が腹痛や下痢などの症状
原因物質 : 3人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 焼き鳥や鶏のつくねなど
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 原材料の衛生管理徹底。十分な加熱、生食提供注意。

 

◆石川県金沢市の焼き肉店「炭火焼肉 大阪 あじまん」で飲食した男女7人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年10月17日)

発生日 : 9月24日(土)
発生場所・症状 : 男女7人が下痢や腹痛などの症状
原因物質 : 7人からカンピロバクターを検出
原因食品 : レバーや牛タン、鶏モモなど
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 原材料の衛生管理徹底。十分な加熱。

<違反食品・自主回収、異物混入等>

<食中毒>