週間品質管理情報(違反食品や自主回収、異物混入、食中毒情報)

今週の品質管理情報(11月21日)

ノロウイルスによる食中毒は、加熱が不十分な二枚貝や、ウイルスが付着したり、感染したりした状態で人が調理した食品を摂取することなどで感染し、吐き気や嘔吐、腹痛などの症状が表れます。例年、気温が低く、乾燥する冬場に増える傾向があるといい、同課は調理器具の洗浄・消毒、小まめな手洗いやうがいのほか調理の際は食材を「85℃以上、1分半以上」の加熱をしたり、タオルの共有をなるべく避けたりするなどの予防策を行ってください。
また、厚労省は今回のメンチカツ食中毒を踏まえ、「自治体による患者の調査結果を踏まえ、今後の対策を検討する」(基準審査課)としていますが、早急な見直しが必要です。

 

◆静岡県富士市のラーメン店「ほんな骨」で男性客6人がノロウイルスによる食中毒 (2016年11月21日)
発生日 : 11月13日(日)
発生場所・症状 : 男性客6人が下痢や嘔吐などの症状
原因物質 : 44人からノロウイルスを検出
原因食品 : 同店の食事
処分 : 当分の間営業禁止
予防・対策 : 帰宅時や食事の前の手洗いなど、感染予防の徹底

 

◆京都府亀岡市の温泉旅館「松園荘 保津川亭」で食事をした男女106人がノロウイルスによる食中毒 (2016年11月21日)
発生日 : 11月12日(土)
発生場所・症状 : 33人が下痢や嘔吐などの症状
原因物質 : 4人からノロウイルスを検出
原因食品 : 同旅館の食事が原因
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 手洗いなど、感染予防の徹底

 

◆東京都日野市の飲食店「浜寿司本店」で8人がノロウイルスによる食中毒 (2016年11月21日)
発生日 : 10月30日(日)
発生場所・症状 : 8人が下痢や嘔吐などの症状
原因物質 : ノロウイルス
原因食品 : 当該施設が調理した握り寿司
処分 : 5日間の営業停止
予防・対策 : 手洗いなど感染予防、鮮度管理徹底

 

◆福山市の飲食店「魚好人」が宅配した食材で10人がノロウイルスによる食中毒 (2016年11月21日)
発生日 : 11月13日
発生場所・症状 : 女性10人が下痢や嘔吐などの症状
原因物質 : 4人からノロウイルスを検出
原因食品 : 市内の個人宅ですしやオードブルを食べた。
処分 : 宅配部門を営業禁止処分
予防・対策 : 手洗いなど感染予防、鮮度管理徹底

 

◆山形県鶴岡市の焼肉店「とがし肉家」で2人がO157による食中毒 (2016年11月21日)
発生日 : 11月5日(土)
発生場所・症状 : 別々の家族の2人
原因物質 : 2人の便からO-157を検出
原因食品 : 牛タンなど
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 肉を調理する際、十分に加熱

 

◆福岡県北九州市の居酒屋「やじろべえ」で5グループの計31人がノロウイルスによる食中毒 (2016年11月21日)
発生日 : 11月8日(火)
発生場所・症状 : 吐き気や下痢、発熱などの症状
原因物質 : 6人からノロウイルスを検出
原因食品 : 刺し身や焼き鳥など
処分 : 2日間の営業停止
予防・対策 : 手洗いなど感染予防、鮮度管理徹底

 

◆福島県福島市の飲食店「鶏けん」で9人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年11月21日)
発生日 : 11月4日(金)
発生場所・症状 : 食事した9人が発熱や下痢などの症状
原因物質 : 5人の便などからカンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏のゆでた刺し身や焼き鳥など
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 食材の十分な加熱や温度管理、手や調理器具の洗浄・殺菌

 

◆北海道稚内市の飲食店「なら鮨し」の食事で6人がノロウイルスによる食中毒 (2016年11月21日)
発生日 : 11月6日(日)
発生場所・症状 : 食事した6人が発熱や下痢、嘔吐などの症状
原因物質 : ノロウイルス
原因食品 : 11月5日(土)に提供した食事
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 手洗いなど感染予防、鮮度管理徹底

<違反食品・自主回収、異物混入等>

<食中毒>