週間品質管理情報(違反食品や自主回収、異物混入、食中毒情報)

今週の品質管理情報(2月6日)

今週の注意事項・・ノロウイルスによる食中毒がまた増加しています。22日までの1週間で1医療機関当たり7.00人(前週6.48人)だったと発表、調理担当者の健康管理徹底をお願いします。和歌山県御坊市の集団食中毒で、県は1日、1月25日のメニューの「磯あえ」からノロウイルスを検出。患者数は804人に増加しました。 (2017年2月6日)

 

国立感染症研究所は1月31日、ノロウイルスなどが原因の感染性胃腸炎の患者数が、22日までの1週間で1医療機関当たり7.00人、善友だったと発表した。再び増え始めた前週(6.48人)からさらに増加しました。
幼稚園や保育園、小学校などでノロウイルスが原因とみられる食中毒も発生しており、同研究所は「手洗いによる予防や給食などの調理担当者の健康管理を徹底してほしい」としています。全国に約3千ある定点医療機関から報告された患者数は22日までの1週間で2万2140人に上りました。
和歌山県御坊市の集団食中毒で、県は1日、1月25日のメニューの「磯あえ」からノロウイルスを検出したと発表しました。ノロウイルスは発症した児童からも検出され、症状を訴えた人は当初719人だったが、その後804人と確認された。1日時点では13人に減っています。800人を超える園児、児童、生徒、教職員が県知事は、記者会見で「県にも責任がある」と陳謝し、同時に食中毒を起こした点について、「(1ヵ所の施設で)集中的な給食管理をしているため」と指摘。「システムが巨大になるほど、今まで以上に細心の注意が要る」と話しています。

 

◆和歌山県御坊市立給食センターの給食で児童ら719人がノロウイルスによる集団食中毒 (2017年2月6日)

発生日 : 1月31日(火)
発生場所・症状 : 入院患者ら104人が下痢や嘔吐など急性胃腸炎の症状
原因物質 : 25人からノロウイルスを検出
原因食品 : 1月30日昼の病院食
処分 : –
予防・対策 : 調理従事者の健康管理、手や調理器具の洗浄・殺菌と十分な加熱調理

 

◆大阪府大阪市の居酒屋「テング酒場谷町四丁目店」で7人がノロウイルスによる食中毒 (2017年2月6日)

発生日 : 1月25日(水)~26日(木)
発生場所・症状 : 男女4人が下痢や嘔吐などの食中毒症状
原因物質 : 客3人と従業員4人からノロウイルスを検出
原因食品 : 調査中
処分 : 1日間の営業停止
予防・対策 : 手や調理器具の洗浄・殺菌と十分な加熱調理、2次汚染への注意喚起

 

◆兵庫県神戸市の居酒屋「うまいもん 魚河岸屋」の食事で27人が食中毒。ノロウイルスの可能性 (2017年2月6日)

発生日 : 1月27日(金)~28日(土)
発生場所・症状 : 食事をした男女27人が下痢や発熱などの症状
原因物質 : ノロウイルスが原因の可能性もあるとみて調査中
原因食品 : 同店で提供した刺し身やにぎりずし
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 十分な加熱調理、手や調理器具の洗浄・殺菌

 

◆京都府福知山市の「日本ピラー工業福知山事業所」社員食堂の食事で27人がノロウイルスによる食中毒 (2017年2月6日)

発生日 : 1月30日(月)
発生場所・症状 : 男女従業員41人が下痢や嘔吐などの症状
原因物質 : 10人からノロウイルスを検出
原因食品 : 30日の社員食堂の昼食
処分 : 食堂を運営する「マイン・フーズ・サービス」を3日間の営業停止
予防・対策 : 十分な加熱調理、手や調理器具の洗浄・殺菌

 

◆岩手県宮古市の鮮魚店「山仁商店」で購入した刺し身を食べ1人がアニサキスによる食中毒 (2017年2月6日)

発生日 : 1月29日(日)
発生場所・症状 : 40代男性が吐き気や腹痛の食中毒症状
原因物質 : 寄生虫のアニサキスを検出
原因食品 : ニシンとカガミダイの刺し身
処分 : 1日間の営業停止
予防・対策 : 目視の徹底

<違反食品・自主回収、異物混入等>

<食中毒>