週間品質管理情報(違反食品や自主回収、異物混入、食中毒情報)

今週の品質管理情報(6月20日)

丸亀製麺で起きた食中毒は、傷みやすい「とろろ」を高温の厨房で常温管理していて、お玉ですくう。というマニュアルに問題の可能性があります。16日には、再発防止と全店販売中止の謝罪が発表されました。冷蔵保管の必要なものの管理には特に気を付けてください。北九州では昨年より1ヵ月近く早く食中毒注意報が出るなど、気温も高い日が続いていますので、食中毒対策は徹底してください。
また、「アフタヌーンティー・ティールーム エスパル仙台店」で洗剤5ℓを油ちょうする油と間違えてフライヤーにいれ、ドーナツを製造販売し、10人が舌のしびれなどを訴えた事故がありました。保管場所を分けることや洗剤の容器は、中の洗剤が判別できるポリ容器等のものを使用するなど、自分たちでもあり得ることだとして、良く点検、改善することが重要です。

 

◆福岡県中央区の飲食店「博多 とりばか」で12人が「カンピロバクター」による食中毒 (2016年6月20日)

発生日 : 6月6日(月)
発生場所・症状 : 「博多 とりばか」で飲食した12人が腹痛や下痢などの症状
原因物質 : すくなくとも6人の便から食中毒菌「カンピロバクター」を検出
原因食品 : 焼き鳥など
処分 : 2日間の営業停止
予防・対策 : 原材料の保管温度徹底と十分な加熱。従業員の健康管理、検便の徹底

 

◆愛知県名古屋市の「丸亀製麺 松葉公園店」で18人食中毒 「麦とろ牛ぶっかけ」が原因?  (2016年6月20日)

発生日 : 6月14日(火)
発生場所・症状 : 18人が下痢や嘔吐などの食中毒症状
原因物質 : 黄色ブドウ球菌の可能性
原因食品 : 期間限定メニューの「麦とろ牛ぶっかけうどん」のとろろ
処分 : 発防止策が取られるまでの間、同店を営業禁止
予防・対策 : 全店で販売中止

 

◆福井県越前市立南中山小学校で2年生20人がノロウイルスによる食中毒 (2016年6月20日)

発生日 : 6月7日(火)
発生場所・症状 : 27人のうち20人が下痢や腹痛の症状を訴えて欠席し、10日に学年閉鎖としたことがわかった
原因物質 : 児童2人からノロウイルスを検出
原因食品 : –
処分 : –
予防・対策 : 感染症が広がった疑いもあるとして、同校で9、10の両日、教室やトイレなどを消毒

 

◆東京都港区の頌栄女子学院中学・高校の食堂のメニューで63人がウェルシュ菌による食中毒 (2016年6月20日)

発生日 : 6月3日(金)
発生場所・症状 : 中高の生徒57人、職員6人が腹痛などの症状
原因物質 : メニューに使用されたソースからウェルシュ菌を検出
原因食品 : 3日昼に提供された「担々麺」などを
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 原材料、前日調理品の保管温度徹底と十分な加熱

 

◆長崎県長崎市の居酒屋「鈴の屋」で男女9人が、カンピロバクターによる食中毒 (2016年6月20日)

発生日 : 5月23日(月)
発生場所・症状 : 男女9人が下痢や発熱、頭痛などの症状
原因物質 : 6人の便からカンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏レバーの湯引き
処分 : 3日間の営業停止
予防・対策 : 原材料の保管温度徹底と十分な加熱、鶏の生食注意

 

◆宮城県仙台市太白区泉崎の寮「ドーミー長町南」の食堂で24人がノロウイルスによる食中毒 (2016年6月20日)

発生日 : 6月8日(水)
発生場所・症状 : 8日の寮の夕食を食べた住人や従業員計24人が嘔吐などの症状
原因物質 : 一部からノロウイルスを検出
原因食品 : 食堂の夕食
処分 : 2日間の営業停止
予防・対策 : 原材料の保管温度徹底と十分な加熱、衛生管理の確認

 

◆香川県三木町の飲食店「麺屋はち」で事をした高校生の男女6人がカンピロバクターによる食中毒 (2016年6月20日)

発生日 : 5月21日(土)
発生場所・症状 : 食事をした高校生の男女6人が下痢や発熱などの症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 朝食の鶏肉と野菜の煮物
処分 : 5日間の営業停止
予防・対策 : 原材料の保管温度徹底と十分な加熱、衛生管理の確認

<違反食品・自主回収、異物混入等>

<食中毒>