週間品質管理情報(違反食品や自主回収、異物混入、食中毒情報)

今週の品質管理情報(6月5日)

今週の注意事項…気温上昇とともに食中毒が多発しています。カンピロバクター、アニサキスによる食中毒が目立っていました。鶏の生食禁止、加熱徹底への理解、生魚の処理への注意を深めてください。ノロウイルスによる食中毒もいまだに多発していますので油断は禁物です。 (2017年6月5日)

 腸管病原性大腸菌による食中毒が発生しました。腸管病原性大腸菌(O157:H7という血清型を示すものが多い)は、人の腸管の中で病気のもととなるような毒性を持つ大腸菌です。これらの大腸菌は、その大腸菌そのものが毒性を持つことで知られています。無症候性から軽度の下痢、激しい腹痛、繰り返す水様便、更に著しい血便とともに重い合併症を起こし、死に至るものまでさまざまです。多くの場合3〜5日の潜伏期間をおいて激しい腹痛を伴う頻回の水様便ののちに、血便となります。主に抵抗力の弱い子供や高齢者などで病気を引き起こし、激しい下痢や腹痛などが起こるのが特徴です。また体力が低下している成人でもこれらが引き起こされることがあります。

<違反食品・自主回収、異物混入等>

◆神奈川県横浜市の業者が中国から輸入したライチから農薬が検出、回収命令 (2017年6月5日)
発生日 : 5月29日(月)
原因食品等 : 中国から輸入した「レイシ(ライチ)」
混入異物 : 4-クロルフェノキシ酢酸(植物成長調整剤で、果実肥大等の目的で使用する。)
<対策等>
食品衛生法違反で業者に回収命令
厚労省が横浜市の輸入業者が5/18日に中国から輸入したライチから、農薬「4-クロルフェノキシ酢酸」を0.03ppm(基準値は0.02ppm以下)検出したと通報業者は、165カートン(660キロ)を輸入、すべてを既に販売した。

◆群馬県みどり市の中学校の給食のシチューから金属片見つかる。 (2017年6月5日)
発生日 : 5月30日(火)
原因食品等 : 給食のシチュー
混入異物 : コーン缶詰を開けた時の金属片
<対策等>
市教育総務課では「保護者宛に事故発生を連絡し、再発防止策を徹底する」としている。
具材に使用したコーンの缶詰を開ける際に金属が混入した。。今のところ、異常を訴える子どもや教職員はいない。
発見したのは中学の配膳(はいぜん)後だったが、生徒や教職員から金属片があったとの報告はなかったという。

<食中毒>

◆千葉県浦安市のホテルの結婚式披露宴で食事をした34人がノロウイルスによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月29日(月)
発生場所・症状 : 結婚式の披露宴で食事をした客34人が下痢や嘔吐等の症状
原因物質 : 客10人と調理従事者2人からノロウイルスを検出
原因食品 : 披露宴の食事
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
調理従事者に対する健康状態の確認及び衛生教育徹底

◆福島県福島市の飲食店で食事をした46人がノロウイルスによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月29日(月)
発生場所・症状 : 男女46人が吐き気や下痢等の症状
原因物質 : 客10人と調理従事者3人からノロウイルスを検出
原因食品 : 刺し身やあさりご飯等
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
調理従事者に対する健康状態の確認及び衛生教育徹底

◆長崎県長崎市の飲食店で食事をした31人がノロウイルスによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月22日(月)~24日(水)
発生場所・症状 : 3人が下痢や腹痛、発熱等の食中毒症状
原因物質 : 従業員1人の便からノロウイルスを検出
原因食品 : 5月21日(日)の食事(カルパッチョ等)
処分 : 2日間の営業停止
<予防・対策>
調理従事者に対する健康状態の確認及び衛生教育徹底

◆滋賀県長浜市のホテルの宴会料理で36人がノロウイルスによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月20日(土)
発生場所・症状 : 男女36人が下痢等の症状
原因物質 : 調理従事者及び患者の便からノロウイルスを検出
原因食品 : ホテルの宴会料理
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
調理や食事の前、トイレの後には必ず手洗いすること

◆神奈川県横浜市の中華料理店で修学旅行生ら62人が腸管病原性大腸菌による食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月16日(火)
発生場所・症状 : 中学生60人と教員2人が16日以降に腹痛や下痢、発熱等の症状
原因物質 : 患者と同店の調理者から腸管病原性大腸菌を検出
原因食品 : 鶏肉の唐揚げやシューマイなどのバイキング形式の夕食
処分 : 営業禁止
<予防・対策>
感染した調理担当者3人が調理した料理から感染した可能性。

◆東京都江東区の飲食店で食事をした3人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月15日(月)
発生場所・症状 : 客が食中毒の症状
原因物質 : 3人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 5月15日に提供した食事
処分 : 6日間の営業停止
<予防・対策>
鶏肉を生のまま提供しない、焼き方についても十分加熱する。清掃、消毒及び衛生管理徹底

◆熊本県熊本市の焼き鳥店で食事をした4人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月29日(月)
発生場所・症状 : 4人が腹痛や発熱等の症状
原因物質 : 4人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 同店提供の食事
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
肉や野菜等は十分に加熱する。

◆滋賀県彦根市の飲食店で食事をした4人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月19日(金)~24日(水)
発生場所・症状 : 17人のうち4人がから発熱、下痢、腹痛等の症状
原因物質 : 4人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏ささみたたき
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
調理や食事の前、トイレの後には必ず手洗いすること

◆愛知県名古屋市の飲食店で食事をした11人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月18日(木)
発生場所・症状 : 客10人が発熱や下痢の症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 名古屋コーチンのタタキ等
処分 : 営業禁止
<予防・対策>
鶏肉を生のまま提供しない、焼き方についても十分加熱する。清掃、消毒及び衛生管理徹底

◆愛知県名古屋市の居酒屋で飲食をした10人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月15日(月)
発生場所・症状 : 客10人が発熱や下痢の症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏の刺身等
処分 : 営業禁止
<予防・対策>
鶏肉を生のまま提供しない、焼き方についても十分加熱する。清掃、消毒及び衛生管理徹底

◆宮城県仙台市の飲食店で食事をした1人がアニサキスによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月30日(火)
発生場所・症状 : 食事をした日の夜、腹痛や嘔吐の症状
原因物質 : アニサキスを検出
原因食品 : シメサバ
処分 : 1日間の営業停止
<予防・対策>
冷凍保管、目視での除去

◆福井県福井市の飲食店で食事をした1人がアニサキスによる食中毒 (2017年6月5日)
発生日 : 5月25日(木)
発生場所・症状 : 食事をした日の夜、腹痛や嘔吐の症状
原因物質 : アニサキスを検出
原因食品 : サバやイカの刺身等
処分 : 2日間の営業停止
<予防・対策>
冷凍保管、目視での除去