週間品質管理情報(違反食品や自主回収、異物混入、食中毒情報)

今週の品質管理情報(7月10日)

今週の注意事項…猛暑が続いていますので夏の食中毒に再度注意を図ってください。岐阜県では今年初めて食中毒警報が発令されました。手作りおにぎり等での「黄色ブドウ球菌」は今の時期最も多発する菌です。 (2017年7月10日)

おにぎりの主な食中毒原因は「黄色ブドウ球菌」で、手や腸、喉、鼻等に存在する最も身近な菌です。特に、おにぎりは素手で握らず衛生手袋を必ずすることです。炊きたてのごはんは湿度も温度も高く、食中毒菌にとって居心地の良い環境です。手からごはんに付着した菌は、増殖する際に「エンテロトキシン」という毒素を作り、この毒が多量に蓄積されると食中毒症状を起こします。おにぎりでは、昨年5月に熊本地震の避難所で34人が食中毒症状を訴え、21人が入院した集団食中毒がありました。梅干を入れても、おにぎり全体が大丈夫というわけではなく、梅干の抗菌作用は健康志向の高まりで減塩梅干が増えているため、梅干のまわりでは抗菌性があるが全体の抗菌までには至らないそうです。

<違反食品・自主回収、異物混入等>

◆アイスクリームの規格基準違反:大腸菌群陽性 (2017年7月10日)
発生日 : 7月6日(木)
原因食品等 : 新潟県 有限会社ハナノ製造 胎内ジャージーアイスクリーム
混入異物 : 大腸菌群陽性
<対策等>
回収
保健所は食品衛生法の規格基準に違反したアイスクリームの回収を命令

◆北海道JA製造販売のトマトジュース27万本を回収 (2017年7月10日)
発生日 : 6月30日(金)
原因食品等 : ニシパの恋人 トマトジュース
混入異物 : 黒い粒状の異物が混入
<対策等>
自主回収
外部の研究機関に依頼した異物の解析結果が出ていないため、詳細は不明

◆千葉県の食品メーカーがドレッシングの原材料に落花生が含まれていることを表示せずに販売 (2017年7月10日)
発生日 : 7月1日(土)
原因食品等 : 「有限会社エム・オー・ディー」が製造し、販売したドレッシング
混入異物 : 原材料に落花生が含まれていることを表示せずに販売
<対策等>
食品表示法違反、回収命令
5歳児がドレッシングを喫食し、腹痛、目のかゆみ、喘息様の咳、じんましんを発症

<食中毒>

◆大阪府東大阪市の居酒屋で食事をした男女7人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月28日(水)
発生場所・症状 : 20歳〜45歳の男女7人が下痢や腹痛などの症状
原因物質 : 5人の便からカンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏のたたき
処分 : 2日間の営業停止
<予防・対策>
鶏肉の生食は原則行わない。原料の衛生管理、鮮度管理徹底。

◆石川県七尾市の飲食店で食事をした10人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月25日(日)
発生場所・症状 : 男子高校生10人が下痢や発熱などの症状
原因物質 : 4人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 牛、豚、鶏のしゃぶしゃぶやサラダ
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
肉は十分に加熱する。施設の清掃、消毒及び従業員の衛生教育実施

◆福岡県筑後市の居酒屋で食事をした5人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月23日(金)
発生場所・症状 : 5人が下痢や発熱などの症状
原因物質 : 2人の便からカンピロバクターを検出
原因食品 : 同店の食事
処分 : 2日間の営業停止
<予防・対策>
肉は生食を控え、十分に加熱する。

◆山梨県の障害者施設で井戸水が原因で18人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月21日(水)~26日(月)
発生場所・症状 : 下痢や腹痛などの症状
原因物質 : 10人からカンピロバクターを検出
原因食品 : 井戸水の塩素消毒を行っていなかった
処分 : -
<予防・対策>
塩素消毒の徹底

◆川崎市麻生区の飲食店で食事をした5人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月24日(土)
発生場所・症状 : 下痢や発熱などの症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏刺しや水炊きなど
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
生食提供の注意及び原材料の鮮度管理徹底。

◆兵庫県尼崎市の飲食店で食事をした9人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月24日(土)
発生場所・症状 : 9人が下痢や腹痛などの症状
原因物質 : 4人の便からカンピロバクターを検出
原因食品 : 地鶏のたたきや海鮮丼
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
生食提供の注意及び原材料の鮮度管理徹底。

◆東京都八王子市の飲食店で食事をした7人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月16日(金)
発生場所・症状 : 下痢や発熱などの症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 同店の食事
処分 : 6日間の営業停止
<予防・対策>
生食提供の注意及び原材料の鮮度管理徹底。

◆大阪府河内長野市の飲食店で食事をした8人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月22日(木)
発生場所・症状 : 下痢や発熱などの症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏の刺身
処分 : 2日間の営業停止
<予防・対策>
鶏肉の生食は原則行わない。原料の衛生管理、鮮度管理徹底。

◆徳島県徳島市の飲食店で食事をした12人が食中毒症状 (2017年7月10日)
発生日 : 6月23日(金)
発生場所・症状 : 12人が下痢や吐き気、腹痛などの症状
原因物質 : 調査中
原因食品 : 23日に食べた同店の食事
処分 : 4日間の営業停止
<予防・対策>
調理開始前やトイレ後は念入りな手洗いをする

◆熊本県阿蘇市のホテル飲食店で旅行者35人がノロウイルスによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月23日(金)~25日(日)
発生場所・症状 : 食事をした台湾や日本の計35人が、下痢や嘔吐などの症状
原因物質 : 客7人と調理従事者3人からノロウイルスを検出
原因食品 : 6月23~25日に食べた朝食や夕食
処分 : 2日間の営業停止
予防・対策 : 調理従事者に対する健康状態の確認及び衛生教育徹底

◆熊谷市箱田の魚介類販売店にて購入の刺し身でアニサキスによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月22日(木)
発生場所・症状 : 胃痛などの症状
原因物質 : 胃からアニサキスを摘出
原因食品 : キンメダイの刺し身
処分 : 2日間の営業停止
<予防・対策>
目視での除去徹底、冷凍もしくは加熱。

◆愛知県豊田市立小学校の理科の授業で22人が育てたジャガイモを食べ、体調不良 (2017年7月10日)
発生日 : 6月29日(木)
発生場所・症状 : 6年生の児童22人が腹痛や吐き気などの体調不良
原因物質 : ソラニンなどの有毒成分の可能性
原因食品 : 児童が授業で育てたジャガイモ
処分 : -
<予防・対策>
皮がうすい黄緑~緑色になったイモの表面の部分や芽はしっかりととる。

◆大阪府藤井寺市の居酒屋で食事をした21人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月10日)
発生日 : 6月29日(木)
発生場所・症状 : 男女21人が下痢や腹痛などの症状
原因物質 : 便からカンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏刺し
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
鶏肉の生食は原則行わない。原料の衛生管理、鮮度管理徹底。