週間品質管理情報(違反食品や自主回収、異物混入、食中毒情報)

今週の品質管理情報(7月17日)

今週の注意事項…各地で食中毒警報や注意報が発令されています。35℃以上猛暑が続いていますので夏の食中毒に再度注意を図ってください。また、アニサキスに加え、ヒラメの刺身でのクドアに注意を図って下さい。 (2017年7月18日)

香川県では食中毒警報、島根県では注意報が発令されました。夏休みで弁当が売れる時期ですので、特に卵焼や鶏肉、ウインナー等はしっかり加熱して使用することを徹底してください。また、食中毒菌の多くは、温度25~40℃、湿度75%以上の環境で急速に増殖します。中途半端に冷ましたものは傷む原因となりますので、しっかり放熱をすることや衛生手袋の着用を徹底しましょう。製造数量を再度見直し、消費期限内であっても長時間販売しないようチェックしてください。
クドアによる食中毒は、夏(8~10月)に多く発生し、冬から春(11~5月)は少ない傾向にあります。クドアが多量(およそ筋肉1g当たりクドア胞子数1.0×107を超えるもの)に寄生したヒラメを生で食べると、食後数時間で一過性の下痢や嘔吐等の症状が起きます。症状は軽度で、速やかに回復します。

<違反食品・自主回収、異物混入等>

◆北海道旭川市の小学校の給食調理室で大量のアリがみつかり、給食1200食分の提供停止 (2017年7月18日)
発生日 : 7月10日(月)
原因食品等 : 不明
混入異物 : 100匹以上のアリ
<対策等>
給食1200食分の提供停止
調理員が給食室に入ったところ、少なくとも100匹以上のアリが侵入しているのを発見。

<食中毒>

◆広島県広島市の結婚式場の利用客25人がノロウイルスによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 7月3日(月)
発生場所・症状 : 利用客25人が下痢や嘔吐のなどの症状
原因物質 : 客5人のと調理従事者3人の便からノロウイルスを検出
原因食品 : 7月2日(日)に提供された結婚披露宴料理
処分 : 営業禁止
<予防・対策>
調理従事者の健康状態の確認及び衛生教育徹底 。原料の衛生管理徹底。

◆宮崎県都城市の食肉販売業のインターネット販売で9人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 6月25日(日)~27日(火)
発生場所・症状 : 男女9人が腹痛や下痢、発熱などの症状
原因物質 : 3人と鶏刺しの残りからカンピロバクターカンピロバクターを検出
原因食品 : インターネットで購入した鶏刺し
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
肉は十分に加熱する。施設の清掃、消毒及び従業員の衛生教育実施

◆福岡市中央区の居酒屋で食事をした食7人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 7月2日(日)~4日(火)
発生場所・症状 : 5人が下痢や発熱、吐き気などの症状
原因物質 : 便からカンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏刺し盛り合わせ(肝、ささみ、砂刷り、ももたたき)
処分 : 未定
<予防・対策>
加熱用肉は生食提供をしない。十分に加熱する。

◆茨城県阿見町の飲食店「鳥吉」で3人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 6月28日(水)
発生場所・症状 : 3人が下痢や発熱、腹痛などの症状
原因物質 : 患者からカンピロバクターを検出
原因食品 : ささみチーズ串、レバー串
処分 : 営業禁止
<予防・対策>
肉は十分に加熱する。施設の清掃、消毒及び従業員の衛生教育実施

◆台東区上野の飲食店「おすすめ屋」で食事をした9人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 6月16日(金)
発生場所・症状 : 下痢や発熱などの症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 鶏さしみ、とりわさを含む加熱不十分な鶏肉
処分 : 5日間の営業停止
<予防・対策>
生食提供の注意することと肉は十分に加熱する。従業員の衛生教育実施。
◆福岡県八女市の居酒屋で食事をした5人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 6月25日(日)
発生場所・症状 : 数名が下痢や発熱などの症状
原因物質 : カンピロバクターを検出
原因食品 : 焼鳥(鳥レバー、皮、つくね、砂ずり、モモ)、鶏のたたき(モモ、ささみ)
処分 : 2日間の営業停止
<予防・対策>
生食提供の注意することと肉は十分に加熱する。従業員の衛生教育実施。

◆東京都大田区の飲食店で食事をした6人がカンピロバクターによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 6月19日(月)~21日(水)
発生場所・症状 : 6人が下痢、腹痛などの症状
原因物質 : 4人の便からカンピロバクターを検出
原因食品 : 6月17日に提供された会食料理
処分 : 5日間の営業停止
<予防・対策>
生食提供の注意することと肉は十分に加熱する。従業員の衛生教育実施。

◆熊本県天草市の仕出し屋の弁当食べた26人が 黄色ブドウ球菌による食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 6月22日(木)
発生場所・症状 : 法事での弁当を食べた男女26人が下痢などの症状
原因物質 : 患者の便から黄色ブドウ球菌を検出
原因食品 : 仕出し弁当
処分 : 3日間の営業停止
<予防・対策>
指の傷、膿の確認。衛性手袋の着用

◆東京都江東区の寿司店で食事をした1人がアニサキスによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 7月4日(火)
発生場所・症状 : 1人が胃痛、発熱、倦怠感などの症状
原因物質 : アニサキス
原因食品 : 14日に食べた同店の寿司
処分 : 1日間の営業停止
<予防・対策>
目視での除去徹底、冷凍もしくは加熱。

◆東京都目黒区の寿司店で食事をした1人がアニサキスによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 7月4日(火)
発生場所・症状 : 1人が胃痛、発熱、倦怠感などの症状
原因物質 : アニサキス
原因食品 : 7月4日に当該施設が調理提供した食事
処分 : 1日間の営業停止
<予防・対策>
目視での除去徹底、冷凍もしくは加熱。

◆東京都中央区の販売の刺身を食べアニサキスによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 7月10日(月)
発生場所・症状 : 胃痛などの症状
原因物質 : アニサキス
原因食品 : 6月19日に調理、提供された刺身類
処分 : 1日間の営業停止
<予防・対策>
目視での除去徹底、冷凍もしくは加熱。

◆東京都港区の飲食店で食事をした14人がクドアによる食中毒 (2017年7月18日)
発生日 : 7月2日(日)
発生場所・症状 : 嘔吐や下痢などの症状
原因物質 : クドア
原因食品 : ヒラメのお造り
処分 : 1日間の営業停止
<予防・対策>
マイナス20℃で4時間以上の冷凍または75℃5分以上の加熱